Pocket

アフリカの人口動態の課題を解決するためには競争力強化が必要

Africa Competitiveness Report 2017』によると、若年層の人口が急速に増加しているアフリカでは、雇用創出のため生産性向上が緊急の課題と報告されました。人口増加により今後20年間で4億5千万人が新たに労働市場に参入しますが、現行の政策で雇用創出が見込まれるのは1億人分のみです。若年人口の増加はアフリカ経済の再生を牽引する可能性があるとして、競争力強化のために優先すべき改革領域を挙げています。

 

『Africa Competitiveness Report 2017』

  • 競争力の停滞に対処するための緊急の行動がなければ、アフリカの経済は労働市場に参入する若者のための十分な雇用を創出することができない。
  • 今後20年間に必要とされる雇用は4億5,000万人分ですが、現在の政策が変わらない場合の新たな雇用は4分の1以下。
  • 政策の優先度には、制度、インフラ、スキル、新技術の採用の質を改善するための改革が含まれる。 住宅建設とより良い都市計画は、短期的な競争力向上のための機会を提示。

 

サハラ以南のアフリカ諸国の経済が、若年層および成長期の人口に十分な雇用を創出する能力は、生産性を高めるための緊急改革の成功に左右される。 これは『Africa Competitiveness Report 2017』の重要な発見です。競争力とは、国の生産性の高さ、したがって将来の繁栄のレベルを決定する一連の機関、政策、要因と定義されます。大部分の地域経済は、ここ10年間の持続的な成長にもかかわらず減速しており、競争力の中核的条件の改善がない場合、さらに停滞する可能性がある。

しかし、アフリカの若者、ダイナミックな人口は、主要な分野における長期的かつ短期的な改革を背景に、この地域の経済復興を導く可能性を秘めています。 競争力を強化するための優先事項は次のとおりです。

 

長期的な改革

  • 制度を強化することは、より速く、より効果的な政策の実施を可能にするための前提条件。 (過去の実施の失敗は、多くの場合、弱い機関に起因している)
  • より高度な貿易とビジネスの成長を可能にするインフラの改善。
  • 技術のより大きな採用。
  • 急速に変化する世界の経済環境において競争力を維持するための適切なスキルの開発。

短期的な改革

  • 農業、建設、小規模企業などの労働集約型セクターの分野別改革の優先順位付け。
  • 弱い国の脆弱な地域や住民に対するターゲットを絞った支援。
  • 地域経済統合を促進するための貿易政策の開放。
  • 資源の豊富な国々における多様化を促進するための採掘セクターへのバリューチェーン・リンクの構築。
  • より良い都市計画、より小さな官僚主義など投資による住宅建設の拡大。

 

世界経済フォーラムのリチャード・サマンズ氏は「アフリカが競争力を発揮できないようにするハードルを排除することが、より持続的な経済発展と繁栄の実現に必要な第一歩である」と述べており、この報告書に貢献した世界銀行グループのクラウス・ティルメス氏は、「世界銀行グループは、アフリカ諸国の政府と民間企業が、人口動態の潜在的な恩恵を受けるために、強力な経済を構築し、雇用創出を加速するために必要な措置を講じる手助けをしています。成長する若者の欲望を満たすために、アフリカ諸国政府は生産性の向上と貿易・投資のビジネス環境を改善するための政策を制定することが賢明である」と述べています。

また、アフリカ開発銀行のアベベ・シメレス氏は、「アフリカの都市は、過去数十年の人口動態・経済情勢を考慮して、都市計画を更新しなければならない。 これは、都市インフラの不足と居住用住宅地の利用可能性に対処するために重要です。 住宅ローンを引き下げ、都市住民の生活を改善し、青少年の雇用を創出するために大規模な投資が必要であるため、新しいビジネスデリバリーモデルでは、都市と都市のインフラに重点的に取り組むためのユニットを創設しました」と述べました。

2017年5月3日から5日まで、南アフリカ共和国ダーバンで開催された第27回世界経済フォーラム(World Economic Forum of Africa)には、1000人以上の参加者が「責任感と責任あるリーダーシップを通じて包括的成長を達成する」というテーマで参加しています。

『Africa Competitiveness Report 2017』は、フォーラムのグローバル競争力指数(GCI)のデータと雇用政策と都市競争力に関する研究を組み合わせたものです。 アフリカ開発銀行、世界銀行、世界経済フォーラムが共同制作しています。 報告書には、35のアフリカ諸国の詳細な競争力プロファイルも含まれています。 このプロファイルは、報告書の対象となる各国の競争力の原動力を包括的にまとめ、政策立案者、ビジネス戦略担当者およびその他の主要な利害関係者ならびに地域に関心を持つ人々に使用されています。

参照:https://www.afdb.org/en/news-and-events/competitiveness-boost-urgently-needed-to-meet-africas-demographic-challenges-report-16969/

The following two tabs change content below.
1977年生まれ 宮城県出身 東京在住 調理師 ビジネスを通じて途上国・先進国の課題を解決することを目的に設立された 『MONSOON JAPAN』の一員として活動しています。