Pocket

西アフリカのチョコレート産業を支えているカカオ豆

西アフリカのチョコレート産業を支えているカカオ豆

一流の製造業者は、甘い菓子の食欲が増すにつれて、毎年大きな利益を上げています。しかし、完成した製品があなたの口に入る前にどこから旅が始めるのか疑問に思いませんか?

チョコレートは需要が常に高く、業界は活況を呈しており、現在では約1000億ドルを超える価値があります。

チョコレートは需要が常に高く、業界は活況を呈しており、現在では約1000億ドルを超える価値があります。

世界的な菓子事業を繁栄させ、世界の甘党を満足させているのは、西アフリカの4つの国家です。コートジボワールガーナナイジェリアカメルーン、チョコレートの主要成分であるココアの世界最大の生産者および輸出業者です。世界のココアの約70%以上がこの西アフリカ地域から来ており、コートジボワールとガーナを合わせて世界全体の約60%を供給しています。

ココア生産は引き続き西アフリカ諸国にとって重要な経済的要因となり、カカオ豆は、ガーナやナイジェリアのような国にとって主要な輸出農産物になっています。

ココアの植物は、気候が温暖な熱帯地方で成長する小さな樹木で、土壌は肥沃でよく水分を含んでいます。農民はナタを使って収穫し、ココアの木から熟したココアポッドを切り落とします。機械がないということは、植え付けから収穫までのすべてが手作業で行われることを意味しています。

ココアポッドを木から切り落とした後、開けて種子を取り出します。適切なカカオ豆になる前に、種子は2段階の処理が行われます。最初に、それらを積み重ねて木の葉で覆い、4〜5日間放置し発酵させます。その後、約1週間乾燥させます。そこから、豆は売り出されるか、輸出される準備ができますが、最終的にその大部分はヨーロッパと米国に行き着きます。中国、ブラジル、インドの消費者の増加に伴い、カカオ豆の更なる需要も生み出しています。

西アフリカのチョコレート産業を支えているカカオ豆

アフリカのすべてのココア生産国では、小規模農家が独特な植物の生産を担当しています。ガーナでは、その産業の約85%を占めており、その大部分は全国の小さな村に住んでいます。その中でココアセクターは、ガーナのGDPの約15%を占めています。人口約2,800万人のガーナでは、約25〜30%がその分野の雇用に依存しています。

世界第2位のココア輸出国として、ガーナは毎年約100万トン近くを生産しており、2015年の生産高は約80万トンを超えています。ゴールドに次いで国の第二位の商品の重要性をさらに理解したい場合は、ガーナの紙幣を見てみると、ココアポッドが国家の誇りの象徴として表示されているのが分かります。

ナイジェリアでは、多くの農家は商品価格が急落した1980年代に取引をあきらめています。ナイジェリアの農業は、政府が急成長を遂げている石油分野への支出を優先させるため、投資不足によりさらに不安定になっていました。しかし今、ナイジェリアが高い失業率と苦労している経済に取り組んでいる中で、政府は雇用を創出し経済を強化するためにココア生産に注力しています。同国には約30万人以上のココア農家があり、そのほとんどは農村部に住んでいます。

ナイジェリアの目標は、2018年までに生産量を年間100万トンに増やし、最終的に2020年までに大陸で最大のココア生産者になることです。これは野心的な目標です。それを達成するために、ナイジェリア政府は農家を訓練しており、ココアの木を供給し、耐病種子を配布すること、肥料、他の化学物質を低価格で提供します。それを達成するために、ナイジェリア政府は、農家を訓練し、ココアの木を供給し、耐病種子、肥料、および他の化学物質を低価格で提供しています。 農業省はまた、2019年までに200万本のココアの木を植える計画です。

Photo・参照:https://www.africa.com/bean-driving-dark-chocolate-industry/

The following two tabs change content below.
1977年生まれ 宮城県出身 東京在住 調理師 ビジネスを通じて途上国・先進国の課題を解決することを目的に設立された 『MONSOON JAPAN』の一員として活動しています。