Pocket

大地からの贈りもの~アジア・アフリカの手しごと~

京橋の「ギャラリーモーツアルト」で開催された

「大地からの贈りもの~アジア・アフリカの手しごと~」展行って来ました!と言うよりお手伝いしてきました。

このギャラリーのオーナーさんは飛騨わらびのオーナーさんでもあります。

そのため、オーナーさんが生産に携わっている飛騨のわらび粉を使った上質な和菓子と一緒にお抹茶をいただきました。

大地からの贈りもの~アジア・アフリカの手しごと~

縄文時代から受け継ぐ飛騨わらび

縄文時代から受け継ぐ飛騨わらび

わらび根掘りは日本の農耕の起源という程古いらしいです。

その中でも「飛騨わらび」のわらび粉は御嶽山の標高1500mの高原に自生する天然わらびの地下茎を用い縄文時代から受け継ぐ最上質の品質を守って作られています。

今回はオーナーさんが生産に携わっている飛騨のわらび粉を使った小石川の有名和菓子店「一幸庵」さんのわらび餅をいただいてきました‼︎

飛騨で作られたわらび粉が地域活性化の一助になることを願っています。

小石川の有名和菓子店「一幸庵」

小石川の有名和菓子店「一幸庵」

「お菓子調進所 一幸庵」といえばTBSの情熱大陸で放送され「予約しないでわらび餅を買えたためしがない!」と言われる超有名店です。

縄文時代から受け継ぐ野趣溢れるわらび粉を上質な和菓子として食べられるなんて幸せです!飛騨で作られたわらび粉が地域活性化の一助になっているそうです。

茶道小物/帛紗の専門店「縁結び工房」

茶道小物/帛紗の専門店「縁結び工房」

東南アジアの布を使った茶道小物/帛紗の専門店「縁結び工房」のオーナーで茶道の先生に福岡県八女市星野村星野園製「星の昔」のお抹茶を立ててもらいました。

縄文時代から受け継ぐ野趣溢れる上質な和菓子をお抹茶と一緒に食べられたことに感謝です。

The following two tabs change content below.
1977年生まれ 宮城県出身 東京在住 調理師 ビジネスを通じて途上国・先進国の課題を解決することを目的に設立された 『MONSOON JAPAN』の一員として活動しています。